「社会問題の解決にも取り組む七呂建設」

「社会問題の解決にも取り組む七呂建設」

日本は現在、深刻な社会問題を抱えています。
安定した成長を期待することができないGDPの問題、先行きが見通せない雇用問題など、落ち込んでしまう方も多いでしょう。
七呂建設では、家づくりを通して、社長自身が率先して、このような暗い社会問題に対しても積極的に取り組んでいるようです。

 

●新しい事業に挑戦し続ける七呂建設

 

七呂建設は、昭和35年4月に創業した会社です。
創業当時は、鹿児島県の大型施設の型枠工事に携わり、鹿児島県内での知名度を上げていきました。
しかし、バブルの崩壊によって、施設建設もどんどん減っていき、業績も下がっていったそうです。
そこで、七呂建設は、事業内容の転換を検討し、ハウスメーカーとしての新しい道を開拓したそうです。
絶対にあきらめずに挑戦し続けてきたからこそ、多くの方から信頼を得て成長できたのでしょう。
そして、新しい事業に挑戦し果敢に取り組んできたことで、鹿児島県内における新設住宅の着工数をわずか8年で着々と伸ばしていったといいます。
この伸び率は、数多くあるハウスメーカーの中でも第2位という成績で、知識と技術を確実に積み重ねてきた結果だといえるでしょう。
このように、七呂建設は、新しい事業においても、夢や希望をあきらめなければ、必ず大きな成果を得られることを証明しているのです。

 

●ハイクオリティな家づくりを提案

 

七呂建設は、イシンホームと提携することによって、ハイクオリティな家づくりを提案できるようにもなったといいます。
例えば、家庭で太陽光発電を活用することでお得かつ快適に生活できる住宅や、天然ムク材をふんだんに使い自然の木に囲まれた生活を実現する住宅などがあります。
また、仕事や家事、育児で毎日忙しいお母さんにゆとりと喜びを与える住宅も販売しており、七呂建設が扱う商品はどれも、他にはない斬新なアイデアを生み出し、多くの方の心をつかんでいるようですね。

 

●社員の成長を導く会社

 

商品力の高さも評価されている七呂建設は、働く社員にとっても仕事がしやすく、大きな可能性を抱かしてくれる会社だといいます。
長い歴史の中で実績とノウハウを積み重ね、お客さんのニーズに合わせた商品を扱っているので、集客力にも優れているといえるでしょう。
そのため、集客に時間を取られることなく、お客さんの満足度や自分のスキルを向上させることにまい進できるようです。
七呂建設自体に優れた力があるからこそ、社員たちも自分の力を成長させて、実力を発揮できるようになるのでしょう。
この会社のように、家づくりを求めている方のことも、社員のことも常に考えている会社が多くなれば、日本が抱える社会問題も減ってくるかもしれません。