「イシンホームと連携し成長を続ける七呂建設」

「イシンホームと連携し成長を続ける七呂建設」

日本では、さまざまな地域で大規模な地震が起き、それによる被害が多数報告されています。
家づくりにおいて地震は大きな障害といえます。
地震だけでなく、大雨や川の氾濫、土砂崩れなどの水害も忘れてはいけません。
今日では、自然災害への危機管理の対応が不可欠ともいわれており、家づくりを検討する際も、それに対応できるハウスメーカーに依頼することが求められます。

 

●阪神・淡路大震災がきっかけで設立されたイシンホーム住宅研究会

 

南九州エリアを中心として、成長が期待されている七呂建設は、長年、積み上げてきた経験やノウハウを生かした家づくりを提案し、多くの方から高い評価を得ているハウスメーカーです。
この七呂建設は、日本全国から多くの会社が参加している「イシンホーム住宅研究会」という家づくりを研究するネットワークにも加入しています。
ここには、家づくりにこだわり努力している会社が集まっているそうなので、その技術力はかなり高いといえるでしょう。
このイシンホーム住宅研究会が組織化されたのは、阪神・淡路大震災がきっかけだといわれます。
この震災が起きた当時、家づくりに携わる職人たちは、ボランティア活動に参加して、仮設の風呂などを設置するために、被災地へ向かったそうです。
その時に、本当に大変な時は、家づくりに全力で尽くす仲間と協力して、困っている人の力になりたい、ということを感じたそうで、それがイシンホームの原点となったそうです。

 

七呂建設の採用情報はコチラ

 

●蓄積された実績による商品力

 

このような家づくりに対して強い思いをもつイシンホーム住宅研究会に加入している七呂建設は、商品力にも優れているようです。
災害から守る防災住宅を販売しているだけでなく、太陽光発電を取り入れた環境に優しい住宅、モダンでデザイン性の高い住宅なども取り扱っています。
また、鹿児島市民文化ホールや鹿児島アリーナなどの大型施設の工事に携わった経験があり、それによって培われたノウハウによって、高品質な家づくりに反映させることができたのでしょう。
このように、七呂建設の強みとは、長い歴史の中で積み上げてきた実績と、イシンホームとの連携といえます。

 

●社員の成長意欲を促す

 

七呂建設は、技術力、お客さんのニーズに合わせた商品を提案する力、そして、人の心を動かす人間力を併せ持ったハウスメーカーとして評価されているようです。
また、社員の成長への意欲を促す工夫を施しているのが七呂建設という会社でもあるようです。
お客さんからの感謝の言葉を励みに、住宅プランニングから現場監督まで関われるようになりたい、と意欲をもっている社員も多いようです。
新卒定着率も100%という驚きの数字も出しているようで、安心して働ける職場であることもわかります。
七呂建設は、これからもどんどん発展していくハウスメーカーとして注目されています。
そんな会社に就職することは、会社と一緒に自分自身の成長にもつながるはずです。